音の始源を求めて 7

小島 努の仕事 II

The Beginnings of
Japanese Electroacoustic
Vol.7

TSUTOMU KOJIMA works 2

内容紹介

1.「電子音楽のためのグリーンスペースの宮」吉崎清富 (1979)
「科学と芸術、陽と陰、シンメトリーとディスシンメトリー」のような対概念が、大局的には「二にして一となり、一にして二となる」というコンセプトに基づいて構築されている。
2. 「オード フォー エクスタシス」西村 朗 (1981)
素材音は電子音、虫の鳴き声、小鳥の鳴き声、人の声、楽器音などの素材音を使用。電子音からはホワイトノイズを使用し、狭帯域フィルタの通過帯域の中心周波数を平均律12半音階の周波数に合わせて、極力幅を狭くしたノイズで音階を制作し、旋律を作成している。
3.「深紅の怠惰」志田笙子 (1974)
電子音楽の分野に尺八や、声によるライブパフォーマンスを持ち込むことが試みられている。曲は、尺八と声の素材音を電子的に加工し合成されたテープパートと声のライブパートで構成されている。
4.「水の輪廻」北爪道夫 (1982)
電子音、水滴音、楽器音、鳥の声などを用いて制作されている。水滴音は、非常に小さな音なので、テープ雑音の無いPCM固定ヘッド型ステレオテープ録音機で録音。出来るだけ雑音を避けるため、アナウンス用小スタジオを使用。水を含ませたタオルからバケツの水面に水滴を落とし、マイクを極力水面に近づけて収録した。

Introduction

1. “Palace of Green Space for Electronic Music” Kiyotomi Yoshizaki (1979)
Opposite concepts such as “Science and Art, Yang and Yin, Symmetry and Dissymmetry” are generally constructed based on the concept of “two is one, one is two”.
2. “Ode for Ecstasy” Akira Nishimura (1981)
Material sounds are electronic sounds, insect calls, bird calls, human voices, instrument sounds, and other material sounds. White noise is used from the electronic sound, the center frequency of the pass band of the narrow band filter is matched to the frequency of the 12 temperament scale, and the scale is created with noise as narrow as possible to create a melody.
3. “Lazy Garnet” Shoko Shida (1974)
Attempts have been made to bring shakuhachi and voice live performance to the field of electronic music. The work consists of a tape part and a live voice part, which are synthesized by electronically processing shakuhachi and voice material sounds.
4. “Reincarnation” Michio Kitazume (1982)
It is produced using electronic sounds, water drop sounds, instrument sounds, and bird voices. The water drop sound is very small, so it was recorded with a PCM fixed head stereo tape recorder without tape noise. To avoid noise as much as possible, a small studio for announcements was used. Water drop sound was recorded by dropping water from a soaked towel onto the surface of water in a bucket putting the microphone as close to the surface as possible.
Back

BUY

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VXPTXZB/
CDに関するお問い合わせ
denshi-ongaku@sound3.co.jp

Manufacture Distribute by Sound 3 Co., Ltd. (P)2020

制作/有限会社 サウンドスリー
企画/大阪芸術大学音楽工学OB有志の会

Sound 3 Co., Ltd.
#404 Style House Ebisu 3-34-14 Ebisu Shibuya-ku Tokyo Japan zip 150-0013